ゲルマニウム温浴カテゴリの記事一覧

ゲルマニウム温浴とは?

ゲルマニウム温浴とは、有機ゲルマニウムを溶かした42℃〜43℃の温水に手足を入れて、皮膚から有機ゲルマニウムを浸透させて体を温め汗をたくさんかくことで身体の中の老廃物、毒素、余分な脂肪などを抜き出す方法です。

●無機ゲルマニウムと有機ゲルマニウムの違い

ブレスレットやネックレスのゲルマニウムや家庭用温浴のゲルマボールの多くは、無機ゲルマニウムと呼ばれる地球の地殻部分の鉱物に含まれている半導体であって、磁気の力で体の調子を整えるものです。
体の外部から間接的に作用するもので、エレキバンやトルマリンと同じような作用が気体できます。

一方、有機ゲルマニウムは、朝鮮人参や霊芝、サルノコシカケ、ニンニクなどの植物に含まれるゲルマニウムで、直接体内に吸収して体の中から作用します。
体に悪影響を及ぼす活性酸素を消去して血液をきれいにし、その上老廃物や毒素と一緒に排出さされるので、いわゆるデトックス効果もあります。


●ゲルマニウム温浴の効果

ゲルマニウム温浴は、人間の70%の毛細血管や末梢神経が集まっている手足から体内に吸収されて全身に行き渡り、20分間のゲルマニウム温浴で2時間の有酸素運動と同じ効果があるといわれています。
大量の汗と共に身体の中の老廃物、毒素、余分な脂肪などが抜け出し、健康な弱アルカリ性の身体に改善されるのです。

ゲルマニウム温浴は手足だけを温水に入れるため、心臓への負担も少なく、お年寄りからお子さままで、また高血圧の方も安心してご利用できます。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。