食材が原因でおこる冷え性

冷え性は、食材によっても冷え性になることがあります。
私たちが日頃食べている食材には、それぞれ性質があって、漢方では、体を温める効果のある食材を温性(熱性)、体を冷やす効果のある食材を寒性(涼性)、そのどちらにも属さない中間に位置する食材を平性と分類しています。

ですから、日頃から偏った食生活を送っていると、体を冷やす原因となり、冷え性になることがあるのです。
特にダイエットのために、生野菜サラダなど体を冷やすものばかり食べている若い女性は、冷え性になりやすい傾向があります。

体を温める温性(熱性)の食材

・野菜 → にんにく、ねぎ、にら、かぼちゃ、ピーマン
・果物 → 桃、さくらんぼ、栗
・穀物、豆類 → 大麦、黒豆 
・肉類 → 牛肉、鶏肉、羊肉
・魚類、海草類 → いか、えび
・調味料 → 黒砂糖、米酢、こしょう、さんしょう、しょうが、しそ、シナモン
・飲料 → 紅茶、中国茶、ココア、日本酒


温性(熱性)と寒性(涼性)の中間に属する平性の食材

・野菜 → キャベツ、もやし、大根、人参、春菊、じゃがいも、さつまいも、さといも、椎茸
・果物 → りんご、ぶどう、いちじく、びわ、青梅、銀杏
・穀物、豆類 → 大豆、あずき、空豆、とうもろこし、そば、餅米、米ぬか
・肉類 → 鶏卵
・魚類、海草類 → アワビ、うなぎ、赤貝
・調味料 → はちみつ、ごま


体を冷やす寒性(涼性)の食材

・野菜 → ほうれん草、トマト、レタス、なす、白菜、きゅうり、ごぼう、たけのこ
・果物 → なし、柿、夏みかん類、レモン、メロン、バナナ、
・穀物、豆類 → 小麦、えんどう、豆腐、豆乳、粟
・肉類 → 豚肉、鴨肉
・魚類、海草類 → はも、なまこ、牡蛎、海苔、昆布、海藻
・調味料 → 白砂糖、味噌、塩、醤油
・飲料 → 緑茶、牛乳、コーヒー、ビール

血液自身が問題でおこる冷え性

いくら血液が循環していても、細胞に酸素を送る血液自身に異常があれば、細胞に酸素が供給されず、冷え性の原因となります。
酸素を運ぶ役目は、血液中の赤血球が行っているのですが、この赤血球の数が少なかったり、赤血球に異常があれば、冷え性になってしまうのです。
このように赤血球の数や、形態、機能に異常がある状態を貧血症といい、貧血症の方はほとんどが冷え性といっていいでしょう。
貧血症は、主に鉄分不足が原因で、月経により出血する女性に多く見られる症状です。
その他、赤血球を生産する時に必要なビタミンB12、葉酸などが不足すると、異常な赤血球が作られてしまうので、貧血症になります。

肥満が原因で冷え性(症)が起こる

肥満の方は、脂肪が身に付いていて暖かそうに見えるし、また汗かきが多いことなどの理由から、冷え性とはまったく無関係のように思われがちですが、実は肥満も血流を悪くする原因となるため、肥満の方が冷え性(症)であるケースも多くあります。

特に中年以降でよく見受けられるケースですが、肥満することで皮下脂肪1つ1つのサイズが大きくなり、その皮下脂肪の厚みによって毛細血管が圧迫されるのです。
そうすると、血流が悪くなり、各細胞に酸素や栄養が行き渡らないため、エネルギーの発生率が低下するので冷え性になるのです。

自律神経の乱れで起こる血行不良

冷え性の主な原因は、血流が各細胞に行き届いていないことにありますが、血行が悪くなる原因には、自律神経の乱れがあります。

●自律神経とは?

自律神経とは、私たちの意志とは無関係に、生命活動に必要不可欠な体の機能を調整してくれている神経です。
例えば、体温の調節や血液の流れ、内臓の働きなど、私たちの意志ではコントロールできない働きを自律神経が勝手に調整してくれているのです。

自律神経には、交感神経副交感神経があり、交感神経は起きている時や緊張している(ストレスがかかる)ときに働き、副交感神経は寝ているときやリラックスしているときに働いています。
この交感神経と副交感神経のバランスがうまく保たれていることで、私たちも体の機能も正常に働いているのです。


●自立神経の乱れが血行を悪くする

自律神経は、環境の変化に非常に敏感で、季節の変わり目のような気候の変化や過度な精神的なストレスによって、バランスを崩してしまいます。
緊張している状態が続いて、自律神経の交感神経が優位である状況下では、毛細血管が収縮してしまい、血行が悪くなるのです。
すると、各細胞には血液が十分行き届かず、酸素や栄養素が不足してしますので、エネルギーを生産できませんので、その結果、冷え性になってしまうのです。
ですから、自律神経失調症の方は、おおむね冷え性を抱えています。

冷え性(症)の原因は血行不良

冷え性は、血液が各細胞に十分行き渡っていないことが主な原因です。
まず、血液自体に体温を一定に保つ働きがあるので、血液が十分行き届いていない末梢血管では当然体温は低くなります。

また、血液が各細胞に行き渡らないと、細胞が活動するために必要な酸素や栄養分が供給されないので、各細胞は十分なエネルギーを生産できません。
そのため、各細胞で温度が低下するので、これが体の冷えとして現れてくるのです。
さらに、温度が低下することで、細胞の活動が低下して組織が働かなくなるので病気にもかかりやすくなるのです。

特に足もとは、心臓から一番遠い所にあるために、血液が循環しにくいことに加え、暖かい空気は上昇し、冷たい空気は下に降りてくるので、体の中では最も冷えを感じるところです。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。