炭酸泉とは?

炭酸泉とは、炭酸ガスを含む温泉のことをいい、特に1,000ppm以上の高濃度の炭酸ガスが溶け込んだ湯は医学的にも治療効果が期待できます。
天然の炭酸泉が豊富なヨーロッパでは150年以上も前から療養に使われており、多くの研究機関で炭酸泉の効果が実証済みですので、病気の治療や療養、リハビリテーション、健康維持、美容にと幅広く利用されてきました。

特にドイツでは天然炭酸泉が多く湧き出していて、炭酸泉の治療施設やクアハウス、研究所が数多く存在し、炭酸温泉療法が健康保険適用されているぐらい炭酸泉の効果が認められています。
日本でも大分県の長湯温泉など数ヶ所で天然の炭酸温泉が存在します。

現在では、高濃度人工炭酸泉製造装置が発売されていて手軽に炭酸泉浴を実現できるようになり、温浴施設やフィットネスクラブやエステのような美容施設、介護施設、医療施設、スポーツ施設などで利用されているほか、自宅の浴槽にも炭酸泉浴を取り付けるご家庭が増えてきています。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。