がん温熱療法

●温熱療法とは?

温熱療法とは、がん細胞が熱に弱い性質であることを利用して、がん腫瘍の局所を約30分〜1時間の間、42〜43℃以上に温める治療法です。
温熱療法の起源は古く、紀元前2、3世紀に中国で行われていたと言われる薬石と呼ばれる石を患部にあてて行う治療にあります。
近年流行している岩盤浴は、この温熱療法を応用し発展させたものです。

病院でがん治療のために行われている方法は、RF波と呼ばれるラジオ波と同じ領域の周波数の電流を患部に流して、人間の体が備え持っている抵抗で熱を発生させて、温めるというものです。


●温熱療法の特徴

温熱療法の特徴は、人間本来が持つ自然治癒力を高めることによる治療法で、X腺治療や抗がん剤治療のような副作用がほとんどない点にあります。
また、がんの摘出手術など西洋医学で行われてきた方法では、がんが転移する可能性も高いのですが、岩盤浴がなどの全身温熱療法は、がんの転移を防ぐ効果があります。
ですから、体を温めることはそれだけ効果がありますので、日頃から体を冷やさないように、意識して保温するようにしましょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。