食材が原因でおこる冷え性

冷え性は、食材によっても冷え性になることがあります。
私たちが日頃食べている食材には、それぞれ性質があって、漢方では、体を温める効果のある食材を温性(熱性)、体を冷やす効果のある食材を寒性(涼性)、そのどちらにも属さない中間に位置する食材を平性と分類しています。

ですから、日頃から偏った食生活を送っていると、体を冷やす原因となり、冷え性になることがあるのです。
特にダイエットのために、生野菜サラダなど体を冷やすものばかり食べている若い女性は、冷え性になりやすい傾向があります。

体を温める温性(熱性)の食材

・野菜 → にんにく、ねぎ、にら、かぼちゃ、ピーマン
・果物 → 桃、さくらんぼ、栗
・穀物、豆類 → 大麦、黒豆 
・肉類 → 牛肉、鶏肉、羊肉
・魚類、海草類 → いか、えび
・調味料 → 黒砂糖、米酢、こしょう、さんしょう、しょうが、しそ、シナモン
・飲料 → 紅茶、中国茶、ココア、日本酒


温性(熱性)と寒性(涼性)の中間に属する平性の食材

・野菜 → キャベツ、もやし、大根、人参、春菊、じゃがいも、さつまいも、さといも、椎茸
・果物 → りんご、ぶどう、いちじく、びわ、青梅、銀杏
・穀物、豆類 → 大豆、あずき、空豆、とうもろこし、そば、餅米、米ぬか
・肉類 → 鶏卵
・魚類、海草類 → アワビ、うなぎ、赤貝
・調味料 → はちみつ、ごま


体を冷やす寒性(涼性)の食材

・野菜 → ほうれん草、トマト、レタス、なす、白菜、きゅうり、ごぼう、たけのこ
・果物 → なし、柿、夏みかん類、レモン、メロン、バナナ、
・穀物、豆類 → 小麦、えんどう、豆腐、豆乳、粟
・肉類 → 豚肉、鴨肉
・魚類、海草類 → はも、なまこ、牡蛎、海苔、昆布、海藻
・調味料 → 白砂糖、味噌、塩、醤油
・飲料 → 緑茶、牛乳、コーヒー、ビール

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。