血液自身が問題でおこる冷え性

いくら血液が循環していても、細胞に酸素を送る血液自身に異常があれば、細胞に酸素が供給されず、冷え性の原因となります。
酸素を運ぶ役目は、血液中の赤血球が行っているのですが、この赤血球の数が少なかったり、赤血球に異常があれば、冷え性になってしまうのです。
このように赤血球の数や、形態、機能に異常がある状態を貧血症といい、貧血症の方はほとんどが冷え性といっていいでしょう。
貧血症は、主に鉄分不足が原因で、月経により出血する女性に多く見られる症状です。
その他、赤血球を生産する時に必要なビタミンB12、葉酸などが不足すると、異常な赤血球が作られてしまうので、貧血症になります。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。