冷え性(症)の原因は血行不良

冷え性は、血液が各細胞に十分行き渡っていないことが主な原因です。
まず、血液自体に体温を一定に保つ働きがあるので、血液が十分行き届いていない末梢血管では当然体温は低くなります。

また、血液が各細胞に行き渡らないと、細胞が活動するために必要な酸素や栄養分が供給されないので、各細胞は十分なエネルギーを生産できません。
そのため、各細胞で温度が低下するので、これが体の冷えとして現れてくるのです。
さらに、温度が低下することで、細胞の活動が低下して組織が働かなくなるので病気にもかかりやすくなるのです。

特に足もとは、心臓から一番遠い所にあるために、血液が循環しにくいことに加え、暖かい空気は上昇し、冷たい空気は下に降りてくるので、体の中では最も冷えを感じるところです。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。