冷え性(症)を抱える国民は約7割

冷え性は、わが国では国民の約7割が冷えを抱えているといわれ、特に女性にいたっては約8割が冷え性に悩んでいます。
これだけ多くの方々が冷え性で悩んでいる訳ですが、寝込むほどの症状があるわけでもなく、病院にも行く必要もないので、特に治療もせず我慢している方がほとんどです。


冷えは、単に「体が冷える」という問題だけでなく、血行が悪くなったり、免疫力を低下させたりと、その他の病気の原因にもなるのです。
そのため、近年では医療業界でも冷えに対して注目されるようになり、温熱療法やがんの代替医療などとして冷え症の改善、対策法が取り入れられています。


また、世間でも岩盤浴やゲルマニウム温浴など体を温めることに対する意識も高く、今後も冷え性に関連する商品・サービスに関心が寄せられることでしょう。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。